40代~の絵文字の使い方メールリーダーとは!

絵文字が1~2個ポイントで使われているメールは好感度アップ


少し絵文字を使う程度の遊び心は文章を見やすくするし、性格までも見えて年齢より可愛く感じる。


逆に絵文字が多過ぎると、私生活までもごちゃついてるイメージがつき、若作りし過ぎと思われてします。


特に40代以上の女性で絵文字がまったくないと堅いイメージがつき、気持ちに遊び心がなさそうで冗談が通じなさそう。

攻めの質問メールと守りのメールとは!

守りのメールは基本、相手の質問メールに対しての返しが短過ぎるのと感想を伝えられない事。


それでは誠実さが伝わらないので、自分にあまり興味がないのかな!と思われてしまう。


攻めのメールは貰ったメールには必ず、感想を入れると話のキャッチボールができる。


それと自分からも質問を一つだけ入れると、大事に思ってくれてると感じて返事が楽しくなる。


どうしてメールが苦手なら最初にきちんと伝えると、タイプを理解してくれて男性が常にリードしてくれます。

一回目のデート後のメールで一気に決める文章とは!

一番気になるのが最初のデートがどうだったか?


自分の事を気に入ってくれてるのか?


またデートをして貰えるのか、お付き合いしてもらえるのか?


このドキドキする気持ちを一気に決める内容とは…

男性の気持ちを倍増する文章とは!

男性からの誘いのメールを待つより自分からアクションをおこす。


お礼の言葉と女性側からの誘いのメールが来ると、男性は嬉しさ倍増です。


「今度はいつ会いますか?」


「今度は○○に行きませんか?」


「今度は私の奢りで飲みませんか?」


ただしそれだけの文章では味気ないので、多少の遊び心を入れていったん落として一気に上げる内容も効果大です。


もう一つ男性がキュンとくるのは。メールのタイトルに「○○さん」を入れると空欄では雲泥の差がつきます。



最後に愛される女になるための演出があります。


それは楽喜:怒:哀=26:3:1の演出で自分を表現すると男性は離れないとか…



これで男性に愛されるメールを使いこなし、おとこ心を掴む40代~のメールリーダーになれる!